レディ

原因を知ることが頭痛を改善予防する第一歩になる

このエントリーをはてなブックマークに追加

頭の痛みでお悩みなら

ドクター

痛みの原因と予防

慢性的な悩みがあると頭痛を引き起こすことがあります。また人によっては難聴と同時に目眩や頭痛を引き起こすことがあります。一時的な痛みの場合は鎮痛剤や抗不安剤を処方して貰うことによって痛みを改善することが出来ます。この場合の薬は内科や耳鼻科でも貰うことが可能です。もしも抗不安剤などを処方して貰っても痛みが続く場合はメンタルクリニックを受診しましょう。最初にカウンセリングによって悩みをはき出す事を優先する病院もあります。頭痛の原因となっている悩みを解決しなければ、いくら薬で治療を行っても新たなストレスによって痛みが再発するからです。また精神科医には守秘義務がありますので安心して相談することが出来ます。どの病院を選べば良いかがわからない場合は、ホームページで病院の写真を参考にしたり医師の経歴を参考にする方法が良いでしょう。精神科医の中には頭痛を専門とする人もいるので、そのような医師を選ぶようにしましょう。また医師の経歴欄に精神保健指定医の肩書きがある場合は、その医師は一定以上の診療経験と知識が備わっていると推定されます。ベテランの医師を希望する場合はこのような精神保健指定医を選ぶことをおすすめします。

頭の痛みの対処法

一時的な頭痛は風邪などの原因が考えられるために内科を受診するようにしましょう。それ以外で慢性的に頭痛が継続する場合は仕事や勉強にも影響するケースが発生します。そのためまずは脳外科に行くと良いでしょう。脳外科では脳の精密検査が可能です。それによって脳の出血の有無がわかります。そして脳に異常がない場合は偏頭痛や精神的なストレスによる頭痛が考えられるために早急にメンタルクリニックを受診するといいでしょう。病院に行く場合は脳外科の医師の紹介があると便利です。その理由は、脳外科で事前に一通りの検査を行っているために、メンタルクリニックで新たに検査を行う時間と費用を節約できるからです。また他の病院の紹介状が無くても受け入れてくれる病院は多数存在します。頭痛を発症した場合は、それが精神的なストレスが原因であっても激しい痛みを引き起こす人もいます。したがって、通院する病院は発作時に対応できるように徒歩圏内の場所を選ぶ人もいます。他方で大学病院は祝日や夜間に対応していないケースがあるために注意が必要となります。その代わり大学病院は最先端の検査や医師が多数在籍しているために安心感を得られる点で人気です。